とくえ様の声

お客様の声ならぬ「とくえ様の声」。管理人の投書箱です

記事の有料化および非掲載化に関すしてはこちらを御覧ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆新店ルール◆絶望に突き落とすレイズw(ドローポーカーのルール)

新しい店のポーカールールだが
こういう一文を入れてみようと思っている。

(チェンジ後のベットについて)
「3.4回目以降のレイズはストレート以上、5.6回目のレイズはフルハウス以上、7回目以降のレイズはフォーカード以上を持っているプレイヤーのみ可能とする」
(レイズは最大9回まで)

一般的にはポーカーはレイズするごとにショウダウンハンドのボーダーが上がるが、プレイヤーのレベルや意識によって意図通りにならないことがあるので、ルールで縛るのが目的。

「ブラフの可能性がなくなってつまらない」という意見が当然に予想されるが
そういう指摘が出来る人は基本的にマーケットの中には入っていないのであしからず。

初心者の殆どは勝てるハンドがどのくらいなのかがわからないし、どのハンドでレイズしたらいいのか、降りたらいいのかがわからない。

なので、ルールでボーダーを提示しようと言うのがこのルールの背景。

レイズが2回までの場合はスリーカードでも勝てる可能性はあるが、3回目のレイズが入ることで3カードが勝てる可能性は0になる。

レイズ2回目までは、勝てるかもしれないという希望があるが、3回目のレイズとともにその希望は絶望に変わるというw

ホールデムと違って、ハンドが独立している分、自分でハンドを作っている実感がわきやすく、できてハンドに対する執着も強いはず。それがレイズアクションの中で否定されていくさまを受け入れるかどうかがこのゲームの肝。

 あと、レイズ基準を作ることでレイズしたらお金がもらえる=レイズするという習慣付けを目的にしています。
3回レイズして、さらなるレイズが入らなかったらかなりの確率で勝てるということを認識→勝てるレイズができる様になると思っています。ただ、ポーカーは相対評価ですので、必ず勝てるとは限りませんw

あと、ハンドの裏付けがある状態でのレイズ合戦は間違い無く盛り上がります。レイズルール上、強いハンド同士がぶつかっていることがわかるわけで、あとはレイズの回数によってどこまで強いのかということが明らかになっていくわけです。

 ここまで書くとブラフが効かない印象を持つかもしれません。ただ、ブラフというのは、基本的にお互いが弱いハンドの時に成立するもので、ストレート以上のハンドを降りる人はまずいません。
 引ききれなかったドローをツーペアやスリーカードのふりをして下ろすことは十分に可能でしょう。ただし、それができるのはレイズが2回までしか入っていない状況に限られますが。




スポンサーサイト

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

109A

109A

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。