とくえ様の声

お客様の声ならぬ「とくえ様の声」。管理人の投書箱です

記事の有料化および非掲載化に関すしてはこちらを御覧ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃金と報酬の違い

僕の仕事は
仕事1本いくらという仕事。
いわゆる
「請負」

請負とは「仕事の完成」を条件として「報酬」をもらう。

「請負」は、仕事完成にかかる費用は自分持ち
(約款で請求する事を定めてもよい)

作業の内容に関しては依頼主は口出ししない

要するに、仕事の結果にクライアントが満足するかどうか。

それが全て。

それでもらうのは「報酬」

対して、賃金というのは雇用主の命令指揮の下
労務を低給することによって得る金銭その他の価値のこと。

雇用主もしくは管理者の指揮命令に従うことが大前提。
ただし、仕事の完成は必ずしも求められてられているわけではない。
あくまでも労務の提供が条件であって、仕事の完成が条件でない

どちらがよくてどちらが悪いという話ではないが、
どちらもお金をもらう「プロ」であることに代わりがないはずなんだが
時給で働く人の中にはプロ意識が欠落している人もちらほらといる気がする。

まぁ、仕事を失うという危機感が希薄だからかもしれない。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://510985.blog.fc2.com/tb.php/16-1bb0ca69

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

109A

109A

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。