とくえ様の声

お客様の声ならぬ「とくえ様の声」。管理人の投書箱です

記事の有料化および非掲載化に関すしてはこちらを御覧ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ポーカーの話◆見せっことブラフ

ポーカーのアクションとハンドの関係だが、
通常のルールでは、レイズをするときに決められているのは金額ぐらいで
どのハンド以上でないとレイズしてはいけないという決まりはない。

ポーカーの面白さにブラフを通すことをあげるプレイヤーが多少いるが、現実問題
ブラフは展開に左右される上にルールによってはコールコストが安いから決まりにくいと思われている。

ポーカーはブタ(ノーペア)でも勝てるゲームという言われ方をするが、実際のところはショウダウンになってブタが勝つことはなくはないので勝てると言われたらそのとおりだが、かなりレアである。

 アカデミーではドローポーカーを導入するのでベットアクションは2回しかなく、ドロー前で勝負が決まることは殆ど無いはず。ということでドロー前のブラフはほぼ無理で成功するとしたらハンドが確定してからになる。

 ただ、見せっこ前提のゲームでも見せっこに参加するのにコストがかかる場合、わざわざ手元に帰ってこないチップを出そうとは思わないはず。お金は手元に帰ってくるから出すのであって、あげるためにベットしているわけではない。そして、出したくなければ出さなくても良い(ポットを取る権利は無くなる)

 そこが、ブラフの肝。

要するに、相手に「出すだけ無駄」というイメージを与えることが最低限必要なこと。それができないなら毎回「見せっこ」になる。

 
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://510985.blog.fc2.com/tb.php/89-83a98cf0

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

109A

109A

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。