とくえ様の声

お客様の声ならぬ「とくえ様の声」。管理人の投書箱です

記事の有料化および非掲載化に関すしてはこちらを御覧ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ポーカー◆ローというゲーム

いま巷で遊ばれているテキサスホールデム。

ショウダウンになった時、一番高いハンドを持っているプレイヤーが勝者となる。

高いハンドを持ったプレイヤーが勝つゲームを「ハイボウル」と呼ぶ。

いやあたりまえやろ、と言うなかれ、世の中のゲームは「ハイボウル」だけではない。最も低いハンドを持っているプレイヤーが勝つ「ローボウル」もちゃんと存在する。更に言うならハイの勝者とローの勝者がポットを折半する「ハイロー」だって存在する。
 その中で「ローボウル」のご紹介。

 ローボウルは一言で言えば「ブタが勝つゲーム」 ツーペアよりワンペアが強く、ワンペアよりブタが強い。たいていのハンドはブタかペアのどちらかであるから「ペアったら負け」ぐらいの認識でいい。

問題は「どのブタがつよい」のか。

ローゲームではいくつかの取り決めがあるが、今回はA-5ルールで説明する。A-5ルールはストレートとフラッシュは採用せず、Aは1として取扱う。

お互いがペアでない場合、Aさんの24569と Bさんの24578でを比較した場合、Aさんの一番大きいカードは9、Bさんは8でBさんのほうが小さいからBさんの勝ちとなる。

4枚が小さい数字でも5枚目が大きければ5枚目が評価されてしまうので、ハンドの価値は大きく下がる。これがラズの大きな特徴である。

ロウの中でもバリエーションは様々あるが、先日やった5カードスタッドでは「4枚取り」というルールを採用していた。

4枚取りでは悪いカードが1枚あっても残りの4枚が良ければ勝負になる。言い換えれば悪いカードが2枚あった時点で1枚は評価に入ってしまうということ。

ファイブスタッドローの場合、3枚目(表2枚目)に悪いカード(Kなど)が出た時にどうするか?残り2枚がそのまま評価になるが、悪いカードが出なければ勝負にもなる…この辺りが出るか引くかの考えどころだ。特に裏がAで表が2などのKさえなければいいハンドの時は判断に迷う(が行く人のほうが多いんちゃうかなw)



◆ポーカー◆ファイブカードスタッド

木曜日はブラフバーに行きました。

最近はディーラーの手が開いているときはホールデム以外のポーカーをしています。

 最近はファイブカードスタッド、余り聞き慣れないゲームだと思いますのでさらっと説明を。

アンティ集める(2)

裏で1枚配ってから表で1枚配る→アクション

表で1枚配る→アクション

表で1枚配る→アクション

表で1枚配る→アクション

ショウダウン

です。

細かいルールは割愛しますが、要するに各プレイヤー5枚のカードが配られ、最初のカード以外の4枚は表向きで配られます。

5枚ですから、そんなに役は出来ません。特にストレートとフラッシュはほとんど完成しません。

なのでこれらの役は4枚でも役が認められます。

つまりA234なら4枚ストレート、ハート4枚でも4枚フラッシュ、ハートの3.4.5.6なら4枚ストフラという役になります。

ちなみにどこに入るのかというと
(弱)ハイカード→ワンペア→ツーペア→4ストレート→4フラッシュ→3カード→ストレート→フラッシュ→フルハウス→4ストフラ→4カード→ストフラ→ロイヤル(強)

です

あと、大事なこと。このゲームはFIX(固定)リミットです。ショートした時以外はオールインできませんw


で、いつもはディーラーと僕の仲間内でやることが多いのですが、この日はいつもはトーナメントが終了したらホールデムのリングをしている人たちがこちらのゲームを覚えてやってみるという事で初挑戦。

 ディーラーを仕込んどいてよかったよw

 ゲーム自体は裏カード1枚なので凄くシンプルでわかりやすいゲームです。ただ、ゲームの簡単さと収支は別と言うのはいつものとーりですから、「難しい」の声もちらほら。

 ノーリミットと違ってコールするコストも高くないのでお手軽にコールOKw ついついカードを引きに行って夢見ますよねw

 かと言ってブラフが効かないことは全くなく、ノーコールでポットが取れることもしばしば。ただ、裏1枚ということはハンドの伸びしろ自体はかなり限られていて、自分のハンド次第では相手から何が出てきても勝ち(もしくは負け)確定という状況も生まれます。それを見越してベットしたり、またはレイズしたりするのも面白いですよ。

 あと、ホールデムと違うのは各プレイヤーにカードが配られますので、自分が降りたら、次に来る予定のカードは他の人が使う、要するにアクションによってはカードが変わるのも面白さのひとつですね。(ホールデムはアクションでボードのカードが変わることはない)
 AA配られたら、配られた人だけがAA、その2枚目のAAは自分が降りたら前後にずれる場合もあるのがスタッド。まぁ、AAで勝てるのかと聞かれたら「どうでしょうねぇw」

でも、ルールのシンプルさ、わかりやすさは、そのまま面白さにつながりますから大事だと思います。適度に肩も必要だし、読めすぎて「見たまんまやん」状態でも引きに期待してもいいわけでしかもコストは安いわけだし。

 で、このゲーム、低いハンドを作ったら勝ちという「ロー」ゲームも有り、これがまたロジックゲーム過ぎてムカつくw

 ローゲームについてはまた書きます。

長らくの放置すいませーん

気がついたら8ヶ月も放置していたという。

今頃書いても大抵の人はこのブログの存在を忘れていると思うのでまぁ、1からやり直し…まぁしょうがない。

ところで、ブログタイトルに書かれている例の計画はどうなっとんねん?というツッコミは多分ないとしてとりあえず書いておきましょうか。

現状は「進展なし」です。

開業条件の一つである父の状況ですが、最終更新の後、転院しまして、そこで相変わらず入院したままです。本業を抱えながら介護をすることは無理なので、とりあえず時が来るのを待っています。

もう一つの条件である候補のマンションも空きがないみたいです。 候補地に関しては特にあのマンションにこだわっているわけではないので近隣の他のマンションを探すかもしれません。

 ただ、人材確保がすごく難航しそうな気がして不安です。チヤホヤされやすい仕事とはいえ、仕事ですし、嫌なこともあるでしょう。メンタル的に強い子を確保できればメイド顔でなくても採用したいと思っています。

 それと、「ベシャリ」ですね。ゲーム云々よりもしゃべりとお話、コミュニケーションを取るのが上手い子は最優先で採用です。

 というかそんな子は普通もっと時給のいいクラブやキャバクラに行くよね。だからクラブやキャバクラで働けない18歳未満がこの業界に多いのだろうけど。
 ただ、ちゃんと売り上げを持ってきてるれるならそれなりの見返りは出しますし、そうすることで定着してくれればお互いメリットが有るはずです。で、長く働いてくれれば尚良し…と。

 ゲームプランの話何も書いていませんでしたね…媒体はハウスの誘導次第でなんとでもなりますよw
 








ドローポーカーで遊んでくれるお友達募集

しばらく放置していました…と言うよりは、行政書士のブログの方に記事を書いていたのでこちらは疎かになってたという感じですが。

 相変わらずカジノアカデミー構想は温めたままです。相変わらず父の介護に手が掛かるのであまり手を広げられないのが現状なので…

 ポーカーに関しては、月に2回のディーラーと、自分の活動が月に1から2回ですかね。

 5カードドローポーカーしたいですねぇ。ポーカースターズなどのオンラインでもできるのですが、実際にチップとカードを使ってのキャッシュゲームの魅力にまさるものはないと思っています。ドローならノーリミットもOK。

◆ポーカー◆ドローポーカー

しばらく前からポーカースターズのSIT AND GOトーナメントをするようになった。
5カードドローポーカーのポットリミット。6人で1位と2位が賞金ゲット、3位以下は0

3回やって1.2.2で後17回やってポイントリーダーボードに乗ればボーナスが貰えるとか
(連続20ゲームを1セットとして判定)

リアルマネーになると全体的にレイズが地味になる。

ルール上はポットまでベット/レイズできるのだが、3倍以下のレイズでほぼ9割以上を占める。
ミニマムレイズも多い。

相手に勝っている可能性が高いと思われるハンドで相手がコールしてくれそうな金額を確実にに、また大きな勝負を避けて取りに行く感じなので
カード交換してからミニマムベットして相手から取る。もしくは大きく打たれたら逃げる事も視野に入れながらという感じで、ベットからの情報を得るのが難しい。
このへんはリミットゲームに近いのかもしれない。

負けてもいいから大きく勝ちたいというタイプのプレイヤーは正直つらいとおもう。


ポーカーは高いハンドほど

◆完成しにくい
◆勝てる可能性が高い
◆多くの金額をかける
◆降りにくい・降りれない
◆メリットも大きく・被害もでかい

こんなかんじです。

巷ではブタでフルハウスをおろせるゲームと言われては居ますが、その巷の人の殆どが滅多に来ないスリーカードを完成させながら相手の大きな金額のレイズに「負けてるだろうなぁ」と思いつつでもコールしてしまう事を考えれば、おろせるハンドには限界があるわけです。

 ドローポーカーは、ハンドが独立している(他のプレイヤーとカードを共用しない)ゲームで、しかも表カードが全くないゲームですから、開けてみないとわからない面があり、それがブラフが成立する余地を残してはいるのですが、それでもワンペア残して3枚交換したらワンペア以下にはならないので、ホールデムのオール・イン対決みたいにハイカード同士で勝負ということはないです。

 逆にAのワンペアから2ペアあたりがぶつかると結構デリケートなゲームになります。人によっては大きく打つだろうし、リスクヘッジで打たないでショウダウンにすることもある。機械損失(チャンスロス)とリスクヘッジは裏表なので。

 ただ、ハンドができたからベット/レイズというほどドローポーカーは単純なゲームではないんですよね。

«  | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

109A

109A

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。